スプラッシュダメージ必中

2019/05/08
貂蝉のスプラッシュダメージのみ毎回命中の計算を行っている為、他のスプラッシュダメージとは差異があると運営から正式の回答あり。
物凄く意外でしたが、一見どちらかがバグのように思えますが、運営も把握していて修正が入っていないので貂蝉のが外れるのは仕様となります。
元々あくまでほぼ確定かなという情報でしたが、貂蝉のケース漏れにつきましては少し早計でしたね。
流石に同じスプラッシュダメージで違う計算させてるとは思わなかったので・・・。
ご迷惑お掛けして申し訳ありません。
というか仕様ならちゃんとその旨をスキル説明に記載して欲しいですが。

とはいえ、直近では司馬師アバターの第一スキルが修正された例もありますし、他にも相当な数のサイレント修正をしれっと掛けてくる運営なので、運営が把握しているという事はいつの間にかどちらかに性能が寄せられるというのも有り得なくは無いのかなと思います。
基本的にこういう場合は下方修正は無いのが常ですが、ここの運営だとどう出てくるか分からないので、一応証跡だけはこちらで取得しておきますが、どのようになるかは分からないという点についてはご注意ください。
ここの運営の場合、問い合わせ数やクレーム数の多い件について対応しているだけのように見えなくも無いですが。

2019/05/06
貂蝉のスプラッシュダメージが外すと報告が多数あり。
司馬師については下記の通りでほぼ確定ですが、キャラによって差異があるようなので再検証中です。

2019/04/26
タイトルの通りですが、こちらもほぼ確定くらいのデータが取れましたので、ほぼ確定として公表致します。
こちらも結局は確率の問題なので、100%と言い切れないので、あくまでほぼ確定の情報として公表致します。

【検証方法】
レベル・命中値の低いキャラで、レベル・回避値の高いキャラにスプラッシュダメージを当てる。

【実測値】
〇攻撃側
司馬師アバター閃
レベル:122
命中値:40122

〇防御側
司馬昭アバター閃
レベル:146
回避値:139955
第一スキル会心回数:6回(回避+150%)

試した回数は極端に多くは無いですが、上記条件時、スプラッシュダメージ以外の攻撃を全て外し、スプラッシュダメージは全て命中した事から、スプラッシュダメージはほぼ間違いなく必中と思って良いかと思います。
元々、長い間張飛を使っていて外したところを見たことが無かったので必中の疑いは持っていたのですが、今回の件でほぼ確定となりました。

【考察】
今回の検証から、司馬師を筆頭に各種スプラッシュキャラの評価は上方修正されますが、特別大きく上方修正されるのは司馬師くらいですね。
他のキャラもスプラッシュ自体がかなり凶悪な性能なので上方修正は間違いないのですが、司馬師の場合は倍率の高さも相まって、攻撃が当たらないという点になって来ます。
その為、相手の回避値が少しでも高いと中々に倒すのが困難となって来ます。
しかし、司馬師の場合は、相手が弱いキャラを出して来た場合、弱いキャラを餌に超威力スプラッシュを必中で飛ばす事が出来ます。

この事から、対人全般に置いて司馬師の下克上性能はかなりのモノとなるのですが、一番大きく評価が上昇する点は、群雄の洛陽攻城時ですね。

レベル差が大きければそれだけ普通に倒すのが困難となる上に、連続で突破するとデバフ数が多くなりただでさえ突破が困難となります。
しかし、司馬師の場合は、敵に一人でも弱いキャラがいた場合、その弱いキャラを餌にして強いキャラを撃破する事が可能となります。
事実、戦力値400万程度の司馬師を突っ込ませて、デバフ30積まれている状態で総戦力1000万超えの組を突破する事をよく見かけます。

相手が3体とも強い場合や、郡城攻めの時とかにはあまり輝けないかも知れないですが、大して強く無くても下克上性能で突破する事が出来るというのは遅めに始めた方や、多く育てられない方にとっては面白い性能なのではないでしょうか。

最上位の方にとってはそこまで重要な情報では無かったかも知れませんが、闘技場50位あたりで戦ってる方や、ランキングは下位でも恐れられるような性能を望む方にとっては選択肢として良い選択となるかも知れないですね。

もきゅもん

▼広告


グレントリア

イカロスM

気になったゲームがあれば放置の合間に是非♪