各種検証

狂乱時必中

太史慈検証

バランスブレイカー鍾会

劉備検証

劉備検証結果&太史慈検証結果

回避率について

ダメージ吸収とダメージ反射について

傾城デバフ上限数

▼広告

放置少女 当サイトでも取り扱っている(謎の)人気タイトル放置少女。
最近はどんどんと改良されて来ているので、今から始める場合は比較的良心的。
これから始めようと思っている方、久しぶりに再開してみようと思っている方、是非とも動画をタップして下さいね。


戦車帝国

THE KING OF FIGHTERS '98UM OL

気になったゲームがあれば放置の合間に是非♪

6 件のコメント “各種検証”

    1. 情報提供ありがとうございます!
      今のところ検証結果と異なる情報を頂いていないのでそのつもりでおります。

  1. いつもお世話になっております

    raiders4015と申します.

    狂乱時の会心必中の検証ありがとうございます.
    趙雲のアバターをとってまだ日が浅いのですが,
    私の場合も狂乱時の第二スキルは必ず会心で当たっているように思います
    (外れているとこを見た記憶はないです)

    ところで, 狂乱時の会心クリティカルの件で趙雲アバターを観察している際に
    第二スキルの後の通常攻撃一撃目も, 必ず会心で当たっているような気がして気になっております.

    私が観察してる限りでは外れませんでしたが, もきゅもん様の方でも少し注意してみていただけませんでしょうか.

    ご多忙のところ大変申し訳ございませんが, お力添えいただけますと幸いです.

    P.S. たまたまそうなっただけでしたら申し訳ございません

    1. いつもお世話になっております。
      狂乱時必中の件につきましては、会心確定攻撃は全て必中と記載したつもりでしたが、違う記載箇所があれば教えて頂きたく思います。
      当方で確認している限りでは通常攻撃も含め、会心確定となる攻撃は全て必中である事を確認し、そのように記載したつもりでした。
      紛らわしい記載がどこかにあったかも知れませんので、もしも変な箇所があればご指摘頂けると助かります。
      一度私自身でも目を通してはいますが、自分で書いた文章というのは結構自分では見付けづらいところがありまして・・・。
      お恥ずかしい限りですが、よろしくお願い致します。

  2. 狂乱についての検証、報告ありがとうございますm(_)m

    同盟の仲間に聞いてみたところ、「命中率」と「会心率」は別々に判定されており、命中がどれだけ低くとも会心さえ当たればダメージを与えるのは可能とのこと。

    武将のスキル「狂乱」の解説文は以下のとおり

    「自分が狂乱状態になる。3ターンの間、命中率が42%(7Lv時)上昇、更に通常攻撃が常に会心となり、状態以上にかからなくなる。」

    真田様のアクティブ2「紅蓮煉獄」の解説文は以下のとおり

    「敵6名に400%~800%の物理ダメージを与える。自分の残りHPが少ないほどダメージが大きくなる。自分が「狂乱」状態の場合、必ずクリティカルになる。」

    趙雲様アバターのアクティブ2「掃除洗礼」の解説文は以下のとおり

    「「綺麗に掃除しましょう」残りHPパーセンテージが最も低い敵4名に600%の物理ダメージを与える。敵のHPが25%以下の場合、3倍のダメージを与える(「狂乱」状態の場合、必ずクリティカルになる)。さらに、残りHPパーセンテージが最も低い味方1名に総ダメージの40%分のHPを回復させる。」

    肝となっているのは「常に会心」や「必ずクリティカル」といった部分で、「根気値を無視して必ず会心が発生するようになる」と言ったほうが正しいのかもしれません。もし前述した通り命中率と会心率が別々に判定されているのなら、命中率の対に回避 会心の発生率の対に根気 そして・・・

    攻撃の最初は「その攻撃が会心で当たるか否か」が判定されその後に「その攻撃は命中しているか否か」が判定される・・・と思われます。

    狂乱状態では最初の「その攻撃が会心か否か」が「その攻撃は必ず会心で当たる」となるためその後の判定が意味をなしていない のかもしれません。

    前田様のアクティブ1である「松風逐月」は回避無視に設定されているため
    「会心か否か」の後に「その攻撃は必ず命中」といったように判定されている のかもしれません。

    狂乱とは別に75%以上なら会心の白起様や、凍結中なら会心の虞姫様といった方々も改めて見るとそれぞれの状態ならどれだけ回避や根気やレベル差があってもしっかり命中しているかもしれません。(このコメントを書いた時点でははっきりとは確認できてません。申し訳ありません・・・;)

    主将の狂乱に書かれている命中増加は「その攻撃は命中しているか否か」の部分の命中率を上げる効果と思われます。

    長文になってしまいましたが、そういうわけで、公式からは必中とは返ってこなかったそうですが、事実上必中みたいなもの・・・と思われます。 長文失礼しましたm(_)m

      1. 情報ありがとうございます。
        まず、最初に誤りの指摘をさせて頂きます。
        会心時が必中ではないかという推論は私が言い出したようなところもあり申し訳ないのですが、
        会心時は必中ではありません。
        全てのキャラを試した訳ではありませんが、卞氏や司馬昭といった会心確定キャラを対象に実証取ったところ、
        会心確定攻撃でミスが発生しておりました。
        司馬昭での確認はつい先月確認取ったところでございます。

        この事から、会心時=必中ではなく、あくまで狂乱時の会心発生時のみ必中となっていると推測しております。

        実際の内部的な処理についてはほぼ同じ見解です。
        会心判定が先に来ていて、結果的に必中となっているという説で推測しております。
        差異がある点は、そこの条件式に入っている比較対象が会心発生ではなく、狂乱であるかどうかの判定、または、その両方であるのどちらかというのが単純に考えた場合の答えと思います。

        しかし、そう言った推測は最終的には執筆して行きますが、今募集したい内容としてはデータ数ですね。
        データ数が多く集まった際に、その結果から推測を確定させられるかと思っております。
        一度同盟外で言い出してしまったので、折角なので確定させられたらなぁというところで、
        個人的にはいつもの運営の調査ミスとは思いますが
        より確信を持って公表したいのでデータ数が欲しいと言ったところですね。
        そうすれば今後の推察の精度も上がってくるかと思いますし。

コメントを残す